春野菜の栄養と効用

きゃべつ

栄養素
ビタミンC、U、カリウム、カルシウム、食物繊維

効 用
キャベジンで胃腸の調子を整え、傷ついた胃を修復
ビタミンCで免疫力を高め、メラニンの生成を抑えシミ、ソバカスを防ぐ

おばあちゃんの知識袋
ビタミンC、Uは加熱するとこわれるので、生で食べるとよい。
芯の部分にビタミンCが豊富に含まれています。

 

ふき

栄養素
食物繊維、カルシウム、カリウム

効 用
食物繊維で便秘の解消

おばあちゃんの知識袋
たんをきる働きがあります。

 

セロリ

栄養素
カリウム、カルシウム

効 用
カリウムが余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化予防
頭痛、生理不順の改善

おばあちゃんの知識袋
葉の方が茎よりも栄養価が高いです。

 

えんどうまめ

栄養素
ビタミンC、ビタミンB1、B2、カロチン、食物繊維、カリウム、鉄

効 用
ビタミンCで免疫力を高め、メラニンの生成を抑えシミ、ソバカスを防ぐ

おばあちゃんの知識袋
さやえんどうは生育の途中で摘み取られるので、ビタミンCが豊富です。

 

アスパラガス

栄養素
ビタミンB1、B2、E、カリウム

効 用
アミノ酸のひとつのアスパラギン酸、ビタミンB1で新陳代謝を促し、疲労回復
アスパラギン酸で利尿作用
ルチンで毛細血管を強くし、動脈硬化や高血圧を予防

おばあちゃんの知識袋
マヨネーズといっしょに食べるとおいしいですね。

玉ねぎ

栄養素
硫化アリル、カリウム

効 用
硫化アリルで血液サラサラと動脈硬化予防

おばあちゃんの知識袋
硫化アリルは水にさらすと流れ出るので、酢を使い辛味をやわらげるようにする。